セミナー・イベント
2017.11.22

多摩大学経営情報学部でDPA小林一郎理事長が特別講義を行いました

11月20日(月)、一般社団法人ドローン操縦士協会(略称: DPA=ディーパ)理事長の小林一郎が、多摩大学経営情報学部の多摩キャンパス(東京都多摩市聖ヶ丘 )にて、特別講義を行いました。
小林理事長は経営学者、戦略コンサルタントとして、M&Aコンサルティングや、グローバル戦略を専門としており、今回の特別講義では、専門分野である経営やドローンについて二部構成で学生の皆様にお話しました。

Ⅰの部『高次の国際経営を実現させるM&A』では、今後の国際経営に求められる、ガバナンス体制の作り方やPMI(統合後のマネジメント)の成否について、具体的なケーススタディを中心的にお話し、Ⅱの部『ドローン、AI、ロボティクスが切り拓くIoT社会』では、第4次産業革命といわれる、来るべきIoT社会の実現に向けて、最先端のドローンの産業分野での利活用の実際について、動画を交えながら、解説しました。

 
【写真左】左から:DPA小林 一郎理事長、多摩大学経営情報学部 飯田 健雄教授
【写真右】DPA小林 一郎理事長による講義風景