協会情報
2018.07.31

「第二回DPAグループ安全推進会議」を開催致しました

7月24日(火)、一般社団法人ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)は、国交省登録管理団体であるDPA傘下の登録講習団体における安全マネジメント体制をより一層強化するため、DPA傘下の登録講習団体の代表者や運営責任者などを対象とした「第二回 DPAグループ安全推進会議」を開催し、全国から約40名が参加致しました。

会議では国内外の事故・危険操縦の事例を共有し、改めて安全航空の重要性について再確認したほか、代表者によるドローンスクールの集客や、マーケティング手法のベストプラクティスの発表を行いました。各地域により若干の差異はあるものの、より多くの方々がドローン操縦士に夢を持ち、職業に活かすための操縦技術を習得する意義をどのように表現するか、具体的な事例で共有され、参加者の反響が高い講演となりました。

 

     

   

【写真上段】(左から)
DPA小林理事長、(株)アイトリート西山代表
【写真下段】(株)旭テクノロジー幸長代表