プレスリリース
2017.01.20

DPA潮見ドローン専用飛行場 開校2か月でドローンスクール受講者数600名を突破しました

2017年1月20日

一般社団法人ドローン操縦士協会( 所在地:東京都渋谷区 理事長:小林一郎 )(略称: DPA(ディーパ))は、世界最大級の屋内施設「DPA潮見ドローン専用飛行場」でのドローンスクール受講者数が、開校2か月となる2016年12月末時点で、累計受講者数が600名を超えたことをご報告致します。

DPAは、昨年10月下旬、当協会認定校向けの施設として、世界最大級の屋内ドローン専用飛行場(所在地:江東区潮見2丁目8)をオープン致しました。

DPA認定校が運営するドローンスクールは、土日祝日を含め毎日開講しており、最短半日のコースからインストラクター養成講座まで、操縦スキルや目的に応じて受講が可能です。豊富な指導経験と操縦技術力に定評がある、DPA認定インストラクターが指導する実技研修は、多くの方にご支持頂き、開校から2カ月でのべ600名を超える受講者をお迎え致しました。

 

■DPA認定校の特徴

・ 操縦技量の向上を重視したカリキュラム

・ 豊富な経験と操縦技術力に定評がある認定インストラクターによる指導

・ 東京駅から最短10分!抜群のアクセスが魅力の潮見ドローン専用飛行場で演習可能

今後も高品質なサービス拡充に努め、ドローンの先なる時代の航空安全と、ドローン事業の発展を促進してまいります。


PDF版はこちら