ドローン飛行場
2017.04.28

DPA主催セミナー「ドローンが変える!ビジネスの未来像 ~ドローン活用 現状とその先~」を開催致しました

  2017年4月28日

4月26日(水)、一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称: DPA(ディーパ))は、 DPA潮見ドローン専用飛行場にて主催セミナー「ドローンが変える!ビジネスの未来像」を開催致しました。

ドローン活用の実際や新ビジネスの可能性などに関して、ドローン操縦資格、ドローンパイロット、ドローン関連投資家等、各方面のプロフェッショナルが集合し、ドローンの実機を使ったセッションを行いました。ご参加のお客様からは、「ドローン活用の実態がよく分かり参考になった」「ドローン操縦体験を楽しみにしてきた。実際触ってみて、資格制度の理解が深まった」とのご感想を頂き、大変好評でした。

 

    

(写真左上)
吉野主席研究員より、認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」の概要を説明。認定基準や、必要な知識について解説を行った。
(写真右上)
スカイロボット貝應社長は、認定資格で求められる技量を解説。インストラクターによるマンツーマン講習形式を模擬実演し説明した。
(写真下段)
ドローン関連ベンチャー企業への支援を行う投資家として活躍するDPA千葉評議員は、ドローン活用で進化する農業、ドローンビジネスの未来の動向について、ご自身のプロジェクトから紹介。トレーニングアプリで操縦する、最新の軽量ドローンも披露した。