認定校情報
2017.07.03

DPA潮見ドローン専用飛行場にて株式会社スプラウトに認定証を授与しました

7月3日(月)、一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)は、世界最大級であるDPA潮見ドローン専用飛行場(東京都江東区潮見)にて、DPA特別会員である株式会社スプラウトの認定授与式を行いました。授与式では、DPA理事長小林一郎から㈱スプラウト杉本行男代表取締役に認定証と盾を授与致しました。

6月開校したドローンスクールジャパン東京渋谷校(DSJ東京渋谷校)を運営する㈱スプラウトは、産業廃棄物に関わる人材派遣業を行っています。
産業廃棄物処理施設内での火災事例で、消火器で鎮火したものの可視できない火種が残っていたため、8時間後に再度出火して大きな火災になった事例があります。ドローンによる赤外線での点検が今後の活用につながっていくと期待されています。

杉本代表は、「新しく事業を立ち上げるのは大変だが、これだけの場所、技術力、革新力を自信としてどんどん発展させていきたい」とご挨拶されました。

 

左から:株式会社スカイロボット 営業担当、株式会社スプラウト堀インストラクター、株式会社スプラウト杉本代表取締役、
    DPA小林理事長、DPA潮見ドローン専用飛行場水野所長