ドローン飛行場
2017.07.19

農林水産業活性化構想研究会 本田代表(元農水省畜産局長)をはじめ3名の方々がDPA潮見ドローン専用飛行場を視察されました

7月13日(木)、一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)が所有する世界最大級のDPA潮見ドローン専用飛行場に、農林水産業活性化構想研究会代表 本田浩二氏(元農水省畜産局長)、同研究会事務局長 上甲継男氏、株式会社林養魚場東京事務所所長 水田康芳氏が視察に来られました。

今回の視察では、DPA理事長小林一郎から本協会やスクール、ドローン業界についての説明後、DPA特別会員の株式会社スカイロボット貝應代表取締役と下鶴インストラクターによるデモフライトを実施しました。
小型ドローン「DJI SPARK」から「DJI PHANTOM4」、スクールで使用している赤外線カメラ搭載の練習機「DJI F550」、そして大型の高性能農薬散布ドローン「DJI AGRAS MG-1」まで実演を披露し、その後は皆様にドローン操縦体験をしていただきました。

様々な分野でドローンの活用が期待されているため、皆様のご関心も高く、特に農薬散布用ドローンの紹介では質問も多く、貝應代表の解説に熱心に耳を傾けられていました。

 
【写真左】下鶴インストラクターによる高性能農薬散布ドローン「DJI AGRAS MG-1」デモフライトの様子
【写真右】農林水産業活性化構想研究会 本田代表(元農水省畜産局長)「DJI F450」操縦体験の様子

株式会社スカイロボット貝應代表(中央)によるドローン機体解説の様子