お知らせ
2017.09.04

DPA小林一郎理事長が慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授に就任し「ドローン未来社会論」講座を開設します

一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)の理事長 小林一郎が、9月1日付で慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授に就任致しました。
9月下旬から開始する秋学期では、「ドローン未来社会論」講座を担当します。

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパスではこれまで、ドローンの基礎知識や操作技術の習得を行う講座は実施していましたが、ドローンと共生する未来のあり方について扱う講座は今回が初めてとなります。
250名余りの受講生とともに、急速なドローン技術の発展がどのように社会、生活に変革していくのかを描き出すことにより、ドローンと共生する未来社会について展望します。