セミナー・イベント
2017.09.28

小林理事長の講座「ドローン未来社会論」が慶應SFCで本日より始まりました

一般社団法人 ドローン操縦士協会(略称:DPA=ディーパ)の理事長 小林一郎が、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授に就任した事に伴い、学内に「ドローン未来社会論」の講座を開設しました。280名の定員のところ、履修希望560名を超える応募があり、大変盛況な講座となりました。

秋学期全14回の講義では、ドローン・AI・ロボティクス・IoTに関連する企業経営者、投資家、事務次官歴任者等のゲスト講師陣を加え、シェアリングエコノミーの代表例であるドローンビジネスをテーマとし、ドローンが当たり前となった2030年の未来社会をフォーキャストします。

   

【写真】慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 講義の様子