DPAドローンライセンス取得者「5000名突破」および「国内外の無人航空機の操縦に関する制度、任意規格」への対応方針 | ドローン資格認定 | 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
新着情報
2021.03.02

DPAドローンライセンス取得者「5000名突破」および「国内外の無人航空機の操縦に関する制度、任意規格」への対応方針

『DPAドローンライセンス取得者累計5000名突破』

DPAでは、現在全国33ヶ所のDPAドローンスクールが開校しており、その修了者にDPA認定資格「ドローン操縦士回転翼3級」を付与して参り、資格認定者数の累計が5000名を超えました。これまでに、DPAドローンスクール1校平均約150名のDPA資格者を輩出していることになります。資格取得者は、DPA認定資格を以って国土交通省への飛行許可申請(DIPS、FISS)に活用されています。

これからドローン資格の取得をご検討される方は、以下のDPAホームページをご参考に、DPAドローンスクールにコンタクトしてください。

 

DPAドローンライセンスの特徴』

 

国内外の無人航空機の操縦に関する制度、任意規格への対応方針


DPAでは、国土交通省が2022年度を目途に無人航空機(ドローン)操縦者の技能に関する証明制度「操縦ライセンス」を創設するために法整備を進めていることを受けて、制度の導入後の対応の検討、協議を進めております。

■無人航空機のレベル4の実現のための新たな制度の方向性について(国土交通省ページ)
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/kanminkyougi_dai15/siryou1.pdf

その際には、国土交通省の無人航空機(ドローン)操縦者の技能に関する証明制度「操縦ライセンス」への対応を優先いたしますが、必要に応じて2021年2月2日付の国際標準化機構(ISO)が発行しました以下の任意規格の活用も視野にいれていきます。

■ISO23665 Unmanned aircraft systems — Training for personnel involved in UAS operations

ISOは原則任意規格であり、今回のISO23665 についても、現状、団体の自己責任での運用(認定、審査)に任されている状況です 。

*一般財団法人 日本規格協会(JSA)の以下のサイトにて、18,216円(税込)で購入することができます。
 https://webdesk.jsa.or.jp/books/W11M0070/index



【本記事へのお問合せ先】

一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA:ディーパ)
DPAホームページ お問い合わせページ
https://d-pa.or.jp/contact/