シンクタンク事業|一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)

シンクタンク事業

DPA の活動状況、研究開発成果、その他産業用ドローンの普及に 資する情報を、ホームページ、ニュースレターや刊行物などで情報公開いたします。

政府関連および委員会の活動

急速に進むドローン技術の多様化と高度化により、産業用途における活用領域が飛躍的に拡大しています。このような状況下において、ドローン操縦士の技量や知識、適性等の基準も利用ニーズに応じて最適化していく必要があります。DPAは政府の官民協議会等への参画や各委員会活動を通じて、独自に構築した産官学のリソースや、ユーザコミュニティから意見や情報を収集・蓄積し、国内外のドローン活用の実態に基づく調査研究を行い、その活動状況を公開致します。


○政府官民協議会(小型無人機に係る環境整備)

○国土交通省ワーキンググループ(操縦者・運航管理者の技能確保)

○ドローン回転翼3級普及委員会

○ドローン回転翼2級検討委員会(目視外飛行)

○新領域研究会

  • 農業分野
  • 災害時対応分野
  • プログラミング
  • ドローンエンターテイメント
  • 空中以外のドローンを含めた無人ロボットの可能性探求(水中、水上、陸上)
  • STEAM教育
  • 人材マッチング

調査機関との連携

国内外の調査機関と連携して、会員の皆様にドローン市場動向発表セミナー開催や海外ドローン視察ツアーのご紹介などを行っています。