シンクタンク事業

DPA の活動状況、研究開発成果、その他産業用ドローンの普及に 資する情報を、ホームページ、ニュースレターや刊行物などで情報公開いたします。

委員会活動

急速に進むドローン技術の多様化と高度化により、産業用途における活用領域が飛躍的に拡大しています。このような状況下において、ドローン操縦士の技量や知識、適性等の基準も利用ニーズに応じて最適化していく必要があります。DPAは委員会活動を通じて、独自に構築した産官学のリソースや、ユーザコミュニティから意見や情報を収集・蓄積し、国内外のドローン活用の実態に基づく調査研究を行い、その活動状況を公開致します。

アライアンスパートナーとの活動

PwCコンサルティング合同会社

ポーランドに自身のドローン研究センターを持ち、最先端のドローン情報を日々発信しているPwCコンサルティング合同会社と連携し、グローバルな視点での産業用ドローンの最新情報を随時お伝えしてまいります。

慶應義塾大学SFC研究所 ドローン社会共創コンソーシアム

ドローン社会共創コンソーシアムは、ドローン前提社会の実現に向け「研究」「教育」「社会展開」の3つの領域を柱とした活動を展開しています。DPAは、「ドローン前提社会に向けた要素技術ならびに人材育成、社会制度の整備に関する研究・教育」において、ドローン社会共創コンソーシアムと共同研究を実施しています。

株式会社グローバルキャスト

DPAは、「G-VaLEd(ジー・バレッド)」教育ブランドで、全国約150教室の子ども向けパソコンスクール「アビバキッズ」などを展開する株式会社グローバルキャストと「ロボット・ドローンの知識普及および操縦技術向上に向けた共同研究」を行い、ロボット・ドローン教育を通して、子供たちのプログラミング的思考を養うとともに、次なる担い手となるドローンパイロットの育成を目指してまいります。

株式会社 W TOKYO

株式会社 W TOKYOは、東京ガールズコレクション(TGC)で得たノウハウを活かし、企画・制作・開発・販促から流通まで一貫した最旬で良質なソリューションを提供しており、地方創生事業や海外事業も展開しています。DPAは、 W TOKYOと共同で、「ロボット・ドローンのショービジネスの活用における事業模索研究」を行い、ショービジネスとロボット・ドローンの融合を図ってまいります。