よくある質問

DPAについて

DPAの設立趣旨は何ですか?

DPAは、ドローンに関連する問題を解決すべく、ドローン操縦技術に関して認定ライセンス制度を構築し、ドローンの先なる時代の航空安全の保全のための教育事業を履行するための活動を行うことを目的とし、2016年6月に設立致しました。

DPAへの入会方法を教えて下さい。

法人の場合:「お問合せフォーム」よりご連絡下さい。入会手続きに必要な書面をご案内致します。
個人の場合:「技能会員」は、DPA認定校で所定の講習を受講・修了された方が対象となります。まずはドローンスクールへのお申し込みをご検討下さい。「賛助会員」への入会ご希望の方は、「お問合せフォーム」よりご連絡下さい。入会手続きに必要な書面をご案内致します。

認定資格について

認定資格とはどのようなものですか?

一般的な回転翼航空機の操縦技術の認定資格「ドローン操縦士 回転翼3級」と、座学・実地を講習する際に必要な基礎知識を認定する「ドローン操縦士 回転翼3級 インストラクター」の2種類の資格がございます。制度詳細については、資格認定事業のページをご参照下さいませ。

DPAはドローンスクールを運営していますか?

DPAはドローンスクールを運営する企業に対し、ドローン操縦に関する技術認定を行っておりますが、ドローン操縦に関する講習そのものは実施しておりません。ドローンスクールの講座内容・スケジュール・費用等については、各認定校まで直接お問合せ下さい。認定校一覧はこちら

DPAの資格を取得するメリットは何ですか?

現在日本では、無人航空機の飛行のための免許制度はなく、また、資格取得が必須という訳ではありません。ただし2015年の改正航空法施行後、飛行空域や飛行可能な機体等を定めた飛行ルールが制定され、国土交通省へ飛行に関する許可・申請手続が必要となりました。
本協会は、ドローン操縦士を目指す皆様が、単に技術や知識を学ぶだけではなく、実習を通して天候の変化や機体の状態など、シチュエーションに応じた判断力を養える環境こそが重要と考えており、資格取得を通じ、進化の速いドローン業界において、実情に即した技能・知識を習得できることを特徴としています。