事業案内|一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)

DPAの3つの事業

資格認定事業

本協会は、急速に発展する産業用ドローンの分野において、企業・個人会員が最先端で安全なドローン利活用を実現するため、政府方針に則り資格認定ライセンス制度を構築しました。技術の進歩や規制の変更など、変化の激しい業界であることから、常に最新情報を得ることで、網羅性・客観性の高い制度設計を行っており、実用的な資格制度であると考えております。現在は、その資格認定ライセンス制度に定められた操縦士資格「ドローン回転翼3級」、インストラクター資格「ドローン操縦士回転翼3級インストラクター」の資格認定、認定書の発行・更新、会員管理業務を遂行しています。

シンクタンク事業

目前に迫るドローンの実装社会を見据えると、ドローンを高度に利活用するためにはやはり必要な知識・技能を有する人材の育成が必要不可欠です。DPAは、官民協議会を中心とする政府関連活動、民間調査研究機関や各分野の専門知識人との連携、またDPA会員メンバーによる研究委員会の組織化を通して、知識・技能の向上に繋がる活動を進めています。そこで得られたノウハウをセミナー、ホームページ、テキスト等という形でDPA会員へフィードバックを行っています。

アライアンス事業

政府関係機関、地方自治体、他のドローン管理団体・協会、ドローンビジネス・関連企業、一般メディア・ドローン専門メディア、等と幅広く交流し、ドローンに関する情報・知識の共有を図り、各活動への企画・参画・協力、サービス開発、コミュニティの形成に携わっています。