「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(第16回)」に出席 | ドローン資格認定 | 一般社団法人ドローン操縦士協会(DPA)
新着情報
2021.06.30

「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(第16回)」に出席

2021年6月28日(月)に、本年度初の「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(第16回)」がオンラインで開催され、「レベル4飛行の実現に向けた新たな制度整備等」、「ドローンの利活用促進に向けた技術開発、社会実装取組」、「空の産業革命に向けたロードマップ2021」等が発表され、議論されました。

また、現行のDIPSとFISSを統合した次期DIPS構想、リモートIDの技術開発、NEDOによる機体開発、飛行と土地所有権の関係、等についても議題に上がりました。

DPAからは代表理事の吉野次郎が出席しました。

<主要ポイント>

(1) レベル4飛行の実現に向けた新たな制度整備等

・機体認証制度の概要

・操縦ライセンスの概要

・運航管理要件(運航ルール)の概要

(2)ドローンの利活用促進に向けた技術開発について

(3)ドローンの利活用の促進・社会実装に向けた取組

(4)空の産業革命に向けたロードマップ2021

(5)その他

官民協議会に関する首相官邸/政策会議のページに資料が公開されていますのでご参考ください。

■小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会(第16回)

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/kogatamujinki/kanminkyougi_dai16/gijisidai.htmlfbclid=IwAR2eOzRRMIHc5eLWUPU2-SaAMzHtkQgWC1Et1i5ifxpy8Y7QGBS9TGIPrEA